シングルサインオンならID管理の手間いらず!導入のポイントとは

シングルサインオンを導入するべき企業とは

指をさすサラリーマン

OSSの一種、「シングルサインオン」がここ数年注目されていますが、自社でも採用するべきかを検討中の企業は多いです。
今回はそんな「シングルサインオン」を導入について解説します。

そもそも、「シングルサインオン」とは、一つのパスワードとIDで全てのログイン状況を管理するというものです。そのためIDやパスワードの管理で混乱をきたす可能性が極めて低くなります。
これは管理者としては非常に助かるシステムで、管理が楽になる上にセキュリティも強化できるという革新的なシステムです。
では、そんな「シングルサインオン」ですが、どのような企業に適しているのでしょうか。
それは、クラウドサービスアプリ、ソフトなどを多用する企業であればすべてが適していると言えます。
そういったもののログインをすべて一元的に管理できる「シングルサインオン」はそれらにとても適しています。昨今、あらゆるサイバー攻撃を受けがちな情勢なのでセキュリティに不安がある企業はぜひとも導入を検討しましょう。実際、ハッキングを受けて企業機密が漏洩したりすれば、自社内の損害だけでなく、顧客に対する賠償責任が生じる可能性もあります。セキュリティの強化は急務であると言いきれます。

シングルサインオンの今後と将来

シングルサインオンの今後と将来について解説します。
シングルサインオンの脆弱性の一つに、シングルサインオンのサービスそれ自体に不正にアクセスされると、そのログイン先にあるシステムやサービス、関連するもの全てに不正アクセスされてしまう懸念があります。また、クラウドサービス、個人の携帯電話やスマートフォンなどの端末を業務的に常日頃から使用している場合、そこに保存されている情報を保管・管理する方法が多様化していく中で、企業や組織の機密情報が企業の外部に保管されることが必然的に多くなるでしょう。認証先(クラウドなどのアプリやソフトなどのサービス)と認証を行う端末(企業用パーソナルコンピューター、個人パーソナルコンピューター、企業スマートフォン、個人スマートフォンなど)が増加しています。これにより、認証が必要なケースが増加しているあおりを受け、シングルサインオンの必要性はより高まっており、さらにシングルサインオンに求められるセキュリティも高まっていると言えます。
つまり、シングルサインオンには脆弱性などもありますが、時世的に今後も使われていく中で、進化・進歩し昨日とは違う側面を見せ続ける、常に成長するシステムであるということが言えるのではないでしょうか。

シングルサインオンがおすすめ出来る理由

シングルサインオンはとても便利で、これを利用するだけでありとあらゆる手間やコストを軽減することができます。
しかし、まだシングルサインオンの概要をぼんやりとしか理解していない人が多いのもまた事実です。
今回はそんなシングルサインオンの概要、もといおすすめできる理由を紹介します。
まず、シングルサインオンとは、一つのパスワード、そしてIDで複数のアカウントを管理するといったものです。
一つのパスワードですべてを管理する、というのは一見不便そうに見える上にセキュリティ的に問題がありそうに見えますが、実はそうではなくて全くその逆と言えます。
セキュリティは常にマザーサーバーが管理し、不審なログインがあった場合にはすぐに管理者に通知が来るので非常に安心安全なシステムであると言えるのです。
では、なぜ今シングルサインオンをおすすめするのかという点についてですが、シングルサインオンの技術は日進月歩であり、常にセキュリティ面が進歩し続けていることが第一に挙げられます。
当初は多く見られた不備や脆弱性、サーバーの抱える欠陥というものは現在すべて解消され、非常に安全性の高いものとなりました。さらに一般に普及し始めたので、コストの面でも大変リーズナブルとなっています。この機会にシングルサインオンを企業に導入するというのはいかがでしょうか。

ピックアップ

胸にこぶしを当てる

OSSは十分な信頼性を確保できる?

OSS(オープンソースソフトウェア)は、信頼性が低いと思っている方もいるのではないでしょうか。しかしながら、むしろ…

もっと読む
TOP